包茎手術1か月後はどんな様子か詳しく知りたい

包茎手術をして1か月後くらいすると、ペニスのサオの部分にあったシコリや、腫れはかなりなくなります。個人差はありますが、皮をカットして縫い合わせた、いわゆる裏筋の部分の傷はまだつながっていない人がほとんどです。

 

包茎手術1か月後には、傷口はもうジュクジュクしておらず、乾燥した状態になっていることが多くなります。包茎手術1か月後ということは、抜糸後だいたい2週間といったところなので、縫合した傷口も小さくなっていますが、痛みはまだ若干はあるはずです。

 

普通に生活していて痛むということはないと思いますが、外からペニスに刺激を受けたりすると、軽く痛むことがあるでしょう。強めにペニスを握ったりしても激痛ではありませんが、痛みがあると思います。包茎手術をする病院のほとんどは、手術1か月後からオナニーやセックスをしてもいいと言っていますが、鈍いとはいっても痛みがある状態なので、実際に行える人は少ないようです。

 

自分でも痛みがあるので無理をすることはないと思いますが、オナニーやセックスは痛みがなくなってからするようにしたほうが無難です。ただ全ての人がそうとは限らず、早い人は3週間程度でセックスが大丈夫になる人もいます。包茎手術から1か月経った時の状態は、当然ですが個人差があるようです。