包茎手術ではどんな麻酔の方法を使うのでしょうか?

包茎手術の時に行われる麻酔はいくつかの種類があります。

 

表面

皮膚の表面に冷却スプレーや冷却ガスをかけて、しばらくの間感覚を麻痺させる方法と、皮膚に染み込むタイプの麻酔薬を塗ったり、同じ成分が染み込ませてあるシールのようなものを張って皮膚を麻痺させる方法があります。この方法だけでは手術ができるくらいの麻痺はしないので、この後必ず局部麻酔をすることになります。これは、注射などの痛みを和らげるために行われる方法です。

 

局部

麻酔薬を注射して、その部分だけ麻痺させる方法です。皮膚の下に注射する方法と、ペニスの根元部分に注射する方法の2種類があります。一般的に、包茎手術の場合はこの方法が一番よく使われています。

 

全身

点滴によって体の中に睡眠導入剤などを入れて、睡眠状態にして意識を失わせる方法です。手術中、全く何も感じなります。包茎手術の場合、手術後目が覚めるまでにかなりの時間がかかるため、ほとんど使われることはありませんが、痛みに極端に弱い体質の人や、本人からの希望があれば使うこともあります。

 

包茎手術の痛みは心配な事ベスト3に入るくらい実際に質問も多いことだそうです。確かに私自身も包茎手術を受ける際には痛みがどれほどなのかと心配していましたが、痛み止めを飲めば大丈夫と言う意見が多かったことと、実際にクリニックで医師に相談した際に、「後日痛みに耐えられないと来院してくる人は殆どいません」という事を聞いて大丈夫だろうと判断しました。実際に博多駅の近くにあるABCクリニックでも減痛麻酔が施されていますので術中は殆ど痛みを感じませんし、術後は痛み止めを処方してもらえますので耐えられないかもなぁって時に飲めば大丈夫です。